Redmi Note 11あふれる映像美を、手のひらにQualcomm® Snapdragon™ 68090Hz 有機 EL ディスプレイ33W 急速充電対応
90Hz FHD+ 有機ELディスプレイ
33W 急速充電対応 5,000mAh(標準値)
6nm Snapdragon™ 680
華麗なデザイン
5000 万画素 AI クアッドカメラ
デュアルスピーカー
華麗なデザイン
完成度の高いデザイン斬新な Redmi Note 11 は、ミニマリストスタイルのトレンディなフラットフレームデザインを特徴としています。お好みで選べる3色のモデルをご用意。トワイライトブルー、グラファイトグレー、スターブルーの中からお選びください。
Redmi Note 11グラファイトグレー
Redmi Note 11トワイライトブルー
Redmi Note 11スターブルー
厚さ:8.09 mm
重量:179 g
高機能ディスプレイ
有機 EL(AMOLED) ディスプレイ
未体験の世界に没入してください優れたディスプレイにより、限りなく明るく鮮明な映像や、 コントラスト、カラーキャリブレーション、高解像度が得られます。
6.43 インチ FHD+有機ELディスプレイ
DCI-P3 広色域豊かな色彩表現
4,500,000:1鮮明な画像のコントラスト比
太陽光ディスプレイ強い日光の下でもディスプレイの表示を 快適に読み取ることができます
読書モード 3.0ブルーライトを軽減します
1000 nit(標準値)ピーク輝度(typ)
90 Hz 高リフレッシュレートシームレスなタッチスクリーンとディスプレイスムーズでシームレスな 90 Hz の高リフレッシュレートでコンテンツを楽しむことができます。ソーシャルメディアのフィードを快適にスクロールしたり、パワフルでレスポンシブなゲームを体験したりできます。Redmi Note 11
信頼に応える パフォーマンス
6nm Snapdragon™ 680オールラウンドなパフォーマンス、 あらゆる困難な課題に対応搭載されたプロセッサーは高速で強力であるだけでなく、エネルギー効率の高い 6 nm プロセスで動作しているため、高いパフォーマンスを発揮しながらバッテリー寿命も向上。UFS 2.2 による読み込み速度の高速化と、書き込みブースターによる高速化により、アプリのインストール、起動、ファイルキャッシュ機能の効率が高まり、大容量ファイルの読み取りと書き込みも高速化します。Redmi Note 11
5000mAh大容量バッテリー と33W急速充電対応Redmi Note のまったく新しい MMT テクノロジーにより実現される Redmi Note 11 の33W 急速充電を利用すると、約 1 時間で 100% まで充電できます。高速充電により、生活を変えるほどのメリットを体験してください。 ※ Xiaomi Internal Labsでのテスト結果によるものです。実際の結果は異なる場合があります。
充電効率が向上し、充電が 21% 高速化※
61
61
33W 急速充電 対応33W
22 時間ビデオ
43 時間通話
215 時間音楽
鮮明で クリアなキャプチャ
パワフルな 5000 万画素 クアッドカメラシステム
Redmi Note 11
5000 万画素メインカメラ
Redmi Note 11
800 万画素超広角カメラ
Redmi Note 11
200 万画素マクロカメラ
Redmi Note 11
200 万画素深度カメラ
5000 万画素メインカメラ
800 万画素超広角カメラ
200 万画素マクロカメラ
Redmi Note 11
1300 万画素セルフィーカメラ輝かしいすべての瞬間を、1 つ残らず記録に残しましょう
レベルアップした 利用体験
デュアルステレオスピーカーすべての音に豊かな音質を
よりスマートで、より便利に
Redmi Note 11
メモリー拡張 ※マルチタスク機能をさらに強化
Redmi Note 11
赤外線ブラスタ家電製品を簡単にコントロール
Redmi Note 11
Z 軸リニアモーター優れた触覚フィードバック
※ 充電速度の比較は、旧世代の Redmi Note 10 を参照しています。 ※ この製品ページに表示されている画像とビデオはすべて説明用であり、実際の製品とは異なる場合があります。 ※ この製品ページに特に記載がない限り、すべてのデータは Xiaomi の研究所、製品設計仕様書、サプライヤーによるものです。 テストデータは、ソフトウェアのバージョン、テストした電話のバージョン、テスト環境によって若干の違いがあり、実際の製品と異なる場合があります。 ※メモリー拡張機能は、デバイスに十分なストレージスペースがある場合にのみ使用できます。RAM ストレージ容量の拡張は、モデルによって異なります。