Xiaomi HyperOS

Hyperos 2023Hyperos 2023
「ヒト×クルマ×ホーム」のスマートエコシステムのために設計された、人間中心のオペレーティングシステム。
Hyperos 2023
総合的な リファクタリング
広範囲におよぶデバイスハードウェア機能を効率的に最大化し、究極のシングルエンドパフォーマンスを実現
あらゆる面でスムーズ
正確なハードウェアリソーススケジューリングにより、究極のスムーズさと優れた電力パフォーマンスを実現します
ネイティブの Android カーネルよりも高速な高処理能力デバイス
Hyperos 2023
主要タスクの平均 スケジューリング遅延時間
Hyperos 2023
主要タスクの最大 スケジューリング遅延時間
軽量デバイスでの強力なカーネルスケジューリング
Hyperos 2023
割り込み応答遅延
Hyperos 2023
メッセージ配信遅延
Hyperos 2023
タスク切り替え遅延
柔軟な分散型共同コンピューティングをサポートし、軽量デバイスのパフォーマンスを最大化します
複数のコンピューティングユニットが連携し、 ハードウェアのパフォーマンスを最大化
Hyperos 2023
Hyperos 2023
スレッド分類とステイン分析
ユーザーの使用方法に基づいた最適戦略
正確かつ統合された負荷評価
スレッドの関係の詳細な分析を基にCPU負荷を正確に評価
Hyperos 2023
超軽量 ファイルシステム
軽量デバイスストレージをサポートするように再構成されたファイルベース最適化機能による、継続的でスムーズなパフォーマンス
50ヵ月を超えるIO パフォーマンスで減衰がほぼゼロ
I/Oパフォーマンス
Xiaomi HyperOSスト レージリフレッシュ
-0.5%
ストレージリフレッシュなし
-76.4%
読み取り性能の低下
軽量デバイスのOTAストレージとパフォーマンス向上
Hyperos 2023
OTAアップグレードのためのスト レージ占有率の削減
Hyperos 2023
OTAに要する時間
優れた異機種間互換性
ハードウェア要件に応じた柔軟な設定と操作
Hyperos 2023
20以上のファイル システム
幅広い一般的なスト レージタイプに対応
Hyperos 2023
200以上をサポート
プロセッサープラットフォーム
スマートフォンシステムの ファームウェア使用率が大幅に低下
12.53GB
MIUI 14
Xiaomi HyperOS
Hyperos 2023
Hyperos 2023
快活なデザイン哲学
快適性
滑らかさ
多様性
広範なグラフィック スサブシステムの再構築
新しいレンダリングパイプライン
複雑なレンダリングをサポート
Hyperos 2023
ハイクオリティ マテリアル
Hyperos 2023
ダイナミックガラス
強力なビジュアルレンダリング
日の出と日没のリアルで鮮やかな色を再現
Hyperos 2023
フレキシブルなフレームで さまざまなウィンドウに対応
柔軟なウィンドウサイズと多言語レイアウトの画面に 対応する統一されたウィンドウ操作
Hyperos 2023
優れたマルチタスク性能と 高い生産性
新しいウィンドウコントローラーにより、 ウィンドウの形状をスムーズに切り替え
Hyperos 2023
画面分割ウィンドウは個別に開閉可能
Hyperos 2023
ワークステーションにより、 大画面の生産性を最大限に活用
Hyperos 2023
世界中のユーザーが利用できるフォントシステム
詳細はこちら
600以上
サポート言語
100,000以上
字体
20以上
書き込みシステム
アートのようなロック画面: クラッシックなデザインと デジタル技術が融合すると どんな写真もポスターに
写真を雑誌の表紙やポスター風に変える
Hyperos 2023Hyperos 2023
Interconnectivity
Empowering devices to collaborate in real-time, creating a new era of connected experiences
Cross-device dynamic real-time networking
View devices and device status of surrounding networks in real time and actively control them
New Xiaomi Smart Hub
See your device status and control it in real time
Merge independed devices
Softwares and services can choose the most suitable hardware amongst devices, given the user's requirements
Multiple system capabilities
Creating the ultimate connected experience
Select the most suitable hardware device or software capability across multiple devices
Home screen+
Cross-device screen control
Cross-device Notes app photo
Capture and use right away
Shared clipboard
Data follows your flow of thought
Security and privacy design for the connected era
Mutual security checks between devices, hardware-level encrypted data transmission
Cross-platform permissions management
Sensitive data sharing between devices is entirely controlled by the user.
Connection permissions
management
Connection alert
BETA
Proactive intelligence
Embracing AI and evolving to make smart technology even smarter
Sophisticated system architecture
empowered by AI intelligence
Advanced AI framework that supports cutting-edge AI technology implemented in Xiaomi HyperOS
AI algorithms
AI capabilities
AI cognitive center
AI models
Large model
Other AI models
AI framework
On-device
Cloud
Supportes flexible deployment of various algorithmic models with the most advanced AI system architecture
Xiaomi HyperMind
Cognitive center of Xiaomi's device ecosystem
Xiaomi HyperMind enables devices to proactively understand user needs and act accordingly
HyperMind
cognitive center
Large foundation models
Automatic execution
Learn
Understand
Xiaomi HyperMind
Xiaomi HyperMind
Start playback when Bluetooth is connected
Adjust light brightness
Xiaomi HyperMind
Lower volume on nearby speakers during calls
Xiaomi HyperMind
Adjust fan speed
Xiaomi HyperMind
Turn on air purifier
Xiaomi
HyperMind
Start playback when Bluetooth is connectedToday 21:00
Adjust fan speedToday 20:30
Adjust light brightnessToday 17:40
Turn on air purifierToday 16:30
Lower volume on nearby speakers during calls
Start playback when Bluetooth is connected
Adjust light brightness
Adjust fan speed
Xiaomi's self-developed large foundation models
are integrated into the device NPU
dramatically improving operational efficiency
Reduced model size
and memory usage
Decreased drawing time
Xiaomi's self-developed imaging foundation model NPU deployment compared to CPU
Large foundation models
applied system-wide
A comprehensive upgrade that empowers system apps
Hyperos 2023
エンドツーエンドのセキュリティ
ハードウェアレベルの包括的な保護によりオンラインの 時代に対応するセキュアなプライバシーフレームワーク
自社開発TEE - ハードウェアレベルでの基盤 セキュリティシステム
ハードウェアレベルの統合セキュリティ
Hyperos 2023
TEE
マイクロカーネル
• 自社開発TEE • 独立型マイクロカーネル • 公式セキュリティ検証方法
システムアプリのセキュリティを強化
Hyperos 2023
リリーススケジュール
対応デバイスの最初の バッチは、2024年第1四半期に安定版リリースのアップデートを受信予定
スマートフォン
Xiaomi 13T Pro
Xiaomi 13T
Redmi 12 5G
*その他
タブレット
Xiaomi Pad 6
*他モデルのアップデート予定の詳細については今後の公式発表をご確認ください
Open source
Learn More
Apache 2.0 — Enabling developers and vendors worldwide
免責事項
このページの機能とサービスの一部は、システムのバージョンやデバイスのモデルによって異なり、時間をかけて徐々に異なるプラットフォームにアップデートされる場合があります。*地域によって、使用できる機能が異なる場合があります。実際の製品でご確認ください。
*他のモデルのリリースプランは後日発表予定です。詳細については Xiaomiを フォローしてください。
このページに記載されている情報は、Xiaomi HyperOS以降を使用しているXiaomiスマートフォン、Redmiスマートフォン、Xiaomiタブレット、Redmiタブレットのグローバルバージョンに該当します。一部の機能はソフトウェアバージョンにより異なるため、最新バージョンにアップグレードする必要があります。
本ページに掲載されているコンテンツおよび機能によって提供されるサービスは、著作権、商業または技術的な条件の変更により変更される場合があります。 製品の実際の内容と特徴を参考にしてください。
このページのデータはXiaomiの社内ラボからのものです。 すべてのテスト データは、同じテスト条件下で同様のデバイスを使用して同じプラットフォームから取得されました。 実際の結果は、複数のテストによって若干異なる場合があります。
「Androidのネイティブカーネルよりも高速なハイコンピューティングパワーデバイス」セクションの単位はマイクロ秒でした。これは、ユーザー操作に関連する主要タスクをシステムが実行する際に、CPUリソースを取得するのに要する時間です。データは、この最適化機能を有する試作品を本機能のない同一モデルと比較して得たものです。リアルタイムの結果は、テストごとに多少異なる場合があります。この機能は、Xiaomi 13 Ultra、Xiaomi 13 Pro、Xiaomi 13、Xiaomi 13T Proでサポートされています。
「軽量デバイスの強力なカーネルスケジューリング」セクションの単位はサイクルでした。これは、CPUのクロックサイクル(CPUが1つの基本動作を実行するのに要する時間)です。データはXiaomiウォッチとXiaomi Watch S1 Proの試作品のものです。リアルタイムの結果は、テストごとに多少異なる場合があります。
「正確な統合負荷評価」セクションの画面効果は説明用です。リアルタイム操作の効果は、アプリ、ネットワーク環境、アプリ画面の設定などによって異なる場合があります。
「超軽量ファイルシステム」セクションの50ヵ月のIOパフォーマンスの低下とは、Xiaomi HyperOSファイルベースの最適化機能を備えたスマートフォンと同じパフォーマンスのスマートフォンで、50ヵ月間のユーザーによる使用をシミュレーションした後に、同じ実験環境でIO読み取り速度をテストしたときのものです。データは複数回計算され、平均値が使用されました。実際の機器の使用習慣によるデータの差異は5%未満です。データは試作品のスマートフォンのものです。継続的でスムーズなパフォーマンスとは、完全にスムーズということではありません。操作性は、デバイスの経年劣化、ネットワーク環境、個人の習慣などの要因によって異なる場合があります。実際に操作してご確認ください。
「軽量デバイスのOTAストレージとパフォーマンス向上」セクションのデータは、XiaomiウォッチとXiaomi Watch S1 Proの試作品のものです。リアルタイムの結果は、テストごとに多少異なる場合があります。
「スマートフォンシステムのファームウェア使用率の著しい低下」セクションのデータは、試作品のスマートフォンとXiaomi 13のものです。リアルタイムの結果は、デバイスごとに異なる場合があります。
「エンドツーエンドのセキュリティ」セクションに記載されているセキュリティおよびプライバシーのフレームワークは、MTKプラットフォームを例として使用しています。ハードウェアプラットフォームによって、基盤となるアーキテクチャは異なる場合があります。実際のパフォーマンスをご確認ください。自社開発TEEがサポートされているのは、Xiaomi 13T Pro、Xiaomi 13T、Redmi Note 13 Pro+、Redmi Note 13 5G、Xiaomi 13T Proなどの一部のモデルのみです。実際の製品のインターフェイススタイルをご確認ください。
マルチタスク機能は、一部のハイレベルモデルとミドルレベルモデルでのみ使用できます。実際の製品でご確認ください。
ワークステーション機能はXiaomi Pad 6でのみ使用できます。
ダイナミックガラス機能は、Xiaomi 13、Xiaomi 13T Pro、Xiaomi 13T、Xiaomi 13 Pro、Xiaomi 13 Ultra、Xiaomi 12、Xiaomi 12 Pro、Xiaomi 11、Xiaomi 11 Ultra、Xiaomi 11T、Xiaomi 10 Pro、Xiaomi 10、POCO F5 Pro、POCO F4 GT、POCO F3、POCO F4、Xiaomi 11i、POCO X4 GTで使用できます。
ハイクオリティマテリアル機能は、Xiaomi 13 Ultra、Xiaomi 13 Pro、Xiaomi 13、Xiaomi 13T Pro、Xiaomi 12T Pro、POCO F5 ProなどのAndroid Uモデルの一部で使用できます。一部のサードパーティ製アプリは、最新バージョンにアップグレードする必要があります。リアルタイムの効果は、実際の製品でご確認ください。
MiSansの多言語フォントが使用できるのは、一部の地域と一部のモデルのみです。詳細については、XiaomiフォントのWebページをご確認ください。
*Interconnectivity features will start to release via OTA from Q2 2024. Xiaomi 14 Ultra, Xiaomi 14, Xiaomi Pad 6S Pro 12.4 and Xiaomi Pad 6 will be the first devices to support the features. Rollout dates might vary depending on system version and device model. Interconnectivity features rely on your network environment. Use 5 GHz Wi-Fi for best effect.
*"End-to-end security" features mentioned here and during the Xiaomi HyperOS launch event, such as mutual trust among interconnected devices and end-to-end encryption, are currently only supported on select devices with TEE capability.
*Images, text, and other content describing "Proactive intelligence" features here and during the Xiaomi HyperOS launch event are generated by AI. The style and animation effects of the actual product might vary. Beta access to the related features of Mi Canvas, AI Subtitles, AI Portrait, AI Album Search and AI Expansion can be obtained in Xiaomi Community. These features are supported on select device models and smart home devices.
*Xiaomi HyperMind is only available on supported OS versions and with applied Beta access. Beta access can be obtained in Xiaomi Community. "Xiaomi HyperOS AI Edition" is supported on select device models and smart home devices.
*Xiaomi's self-developed on-device large models are currently only supported on the Xiaomi 14 Ultra and Xiaomi 14. The related operational efficiency tests were conducted on the Xiaomi 14 series models, using Stable Diffusion V1.5 model architecture, iterating 20 steps to generate 512*512 resolution images.